おすすめの携行品

沼山峠からの尾瀬沼の景色

携行品

こんなものを用意すると便利です
尾瀬は気楽に行けるところとはいえ、標高が高いところです。寒さに対する用意が必要です。
コースによっては長時間歩くことになりますから、汗をかくことも考え発汗性のよいものを衣類として用意するように心がけてください。
天候が悪くなることもあるので、雨に対する用意も忘れないようにしてください。

雨具
雨具としてレインウェアか折り畳み傘を用意してください。
長時間歩くコースであればレインウェアをお薦めします。レインウェアは 撥水性、通気性の良いものをお選びください。
寒いときには防寒着として利用することも出来、大変役に立ちます。
尾瀬を歩く必需品の一つです。

衣類等
肌着、下着類は出来るだけ乾きやすいものにしてください。
山歩きをすると必ず汗をかきますので、着替えを用意することをお忘れなく。
ズボンや上着も乾き易いものを利用してください。木々の間を歩くので、出来るだけ長ズボン、長袖をお薦めします。

靴下は厚手と薄手を2枚重ねにしてはくのがお薦めです。

早朝にスタートする場合には朝晩の冷え込みが強いので、セーター類を用意しましょう。
早春、晩秋は気温が低いので必ず用意しましょう。
山は日差しも強いので帽子も必需品です。 できれば手袋か軍手も用意しましょう。

できれば軽登山靴が歩き易く、疲れにくいのでお薦めです。ちょっとしたコースなら普通の運動靴でもかまいませんが、雨に降られるとすぐに靴の中が濡れてしまうので、天候とよく相談してください。

飲食物
水、 弁当。山小屋でも朝食、昼食をとれますが、持参したほうが便利。

その他のお薦め備品
防水用のザックカバー、頻繁に出し入れする小物を入れるウエストバッグ、ポリ袋( 濡れた着替えを入れたり、ゴミ袋として使う)、筆記用具、 地図、 時計(バスの時間に乗り遅れないように、 アラーム機能があると便利です)、ガイドブック(尾瀬歩きがより楽しくなります)、方位磁石、ストック。

その他、小物類として、 懐中電灯や、ヘッドライト、歯ブラシ、タオル、医薬品(バンドエイド、絆創膏、虫除け用、虫刺され用、胃腸薬、風邪薬等)、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ビニールひも、シート、水を汲んだりするカップ。

旅の記録にカメラ。
もし用意できるなら望遠レンズ、広角レンズがお薦め。予備の電池は必ず持参してください。 数日間滞在するなら充電器 を用意することをお薦めします。